Shopping Cart

Your cart is empty

ショッピングを続ける

夜の闇が深まる季節に、心の内側にあたたかな火を灯す新月


本日、新月を迎えました。
夜の時間がだんだんと長くなる頃です。
暗くなるのが早くなってきて、「だいぶ日が短くなったなぁ。」なんてつい口にして少し物悲しい気持ちになったり。
「今年もあとちょっとで終わってしまうなぁ」なんてしみじみとしたり。
感傷的な気分が湧いてくるのもこの時期ならではですよね。

暦の上では秋分も過ぎ、冬至に向けて夜の闇が深まるこの時期は内省へと向かうほうが自然なことだと思います。

内省といっても、考えすぎることではなくて、自分の中にある「内なる自分」とつながること、を意識して過ごしてみるのはどうでしょうか。

ひとりの時間をもち、ホッとリラックスしたり、自分の中にある感性や感情を気持ちよく動かしてあげることをすると、「内なる自分」が喜び、それが明日への活力にもつながっていくような気がします。

以前、『月と暮らす10の方法』という冊子をご紹介したときにも触れましたが、夜の時間=月の時間、でもあります。
太陽が私たちの日中の活動(仕事、家事、子育てや介護など)や社会的な自分を司っているとしたら、月は反対で、そういった肩書や役割から一歩離れた「ありのままの自分」、「素の自分」でいること、内なる自然とつながり、心から安心している状態のこと。

せっかくの秋の夜長ですから、こうした静かで心地よい時間を日々の生活の中で少しでもとれるようなアクションを自分で起こしたいものです。

その人に合ったやり方があると思います。香りで気分を整えたり、好きな本や映画に没頭したり…。気の向くままに、自分が喜ぶことを実験感覚で試してみる。

今月はベッドサイドのお供に、短編集『月とコーヒー』(吉田篤弘著/・徳間書店刊・1,980)をご紹介させていただきます。
夜のリラックスタイムにぴったりな頭をゆるりと解きほぐしてくれるような一冊。
一日一編、眠る前にいかがでしょうか。 


喫茶店〈ゴーゴリ〉の甘くないケーキ。
映写技師にサンドイッチを届ける夜の配達人。
トランプから抜け出してきたジョーカー。
三人の年老いた泥棒。
空から落ちてきた天使──。



24編の短編からなる本書は、どれも日常からは少しかけ離れた一風変わった登場人物やストーリーばかりで、ひとつひとつが全然異なる世界に自然と引き込まれてしまいます。
けれど、日常では味わえないようなその「ちょっと非現実な物語」が、忙しくぐるぐるしている戦闘モードな頭を箒でさっさと掃いて、空っぽにしてくれるような独特の余韻を残すのです。

お話自体は510分もあれば読み終わるほど短いので、どんなに疲れていても、気持ちの負担を感じることなく読み進められるのも嬉しいところ。
短い時間でも読んだあとには「ぷは〜〜」と脱力している自分がきっといるはず。
普段あまり本を読まない、活字が苦手、という方にもおすすめです。

ブックデザイナーでもある吉田篤弘さんが手がける装丁、挿絵もよく、手のひらにおさまるサイズ感や夜をイメージさせる黒いカバー、月のイラストが本を開く楽しみを増幅させてくれますよ。



読書の秋の一冊に、ぜひお手元に。


【west mountain booksプロフィール】
「私やあなたが本来の自分に戻るための知恵やヒント、きっかけ」となるような、からだやこころ、自然にまつわる本をセレクトしています。
2020年まで7年間下北沢・本屋B&Bの書店スタッフとして勤務し、くらし・からだ・旅・食・日本文化にまつわる棚やイベント企画を担当。並行して2020年より個人の屋号としてwest mountain booksをスタートし、現在は長野県上田市を拠点にオンラインショップ、イベント出店をメインに活動しています。2021年初冬に「面影 book&craftという実店舗をオープン予定。情報はインスタグラムをメインに発信中。

Instagram @westmountainbooks
オンラインショップ https://westmountainbooks.stores.jp/

※今回ご紹介した『月とコーヒー』は、現在オンラインショップでも販売中です。


Photo by kensuke iwai