Shopping Cart

Your cart is empty

ショッピングを続ける

月の時間で心身がゆるみ始める新月

*本日は水瓶座の新月を迎えますね。暦の上では立春も過ぎ、少しずつ春の兆しを見せはじめた自然の動きと連動するように、私たちの気持ちもちょっとずつほどけてくる時期ではないかな、と思います。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。今月も新月の日に、本や言葉の力で、普段は置いてきぼりにしがちな私の「心の声」に気づくきっかけやヒントとなるような本をお届けしたいと思います。 100%以上の毎日を送る日々に、句読点を。 ほっとひと息の時間ができますように。*今回ご紹介する本は、「月の時間」がテーマです。月の時間を生活に取り入れるためのtipsを美しく、深く、まとめた小冊子『月と暮らす10の方法』(月と暮らす会刊・1,500円税込/ポストカード付)。本書は、月の満ち欠けを意識し、「月の時間」を過ごすための手引きとサポートアイテムとして、暮らしの中で自分を見つめながら、自然と向き合う10の方法を紹介した監修・デザイン本です。まず、「月の時間」とは、どんな時間でしょうか。夜の「月の時間」は、動き回ったからだを休め、自分と向き合い、滋養をとる時間。ひとりで静かに過ごす時間に、心身の声を聴き、健やかさを取り戻します。そういう時間を過ごすことで、自分の軸がしっかり立ち上がり、私らしい在り方で毎日を過ごすことができるのです。 —「月のサイクルで暮らす方法」(3P)より引用と本書で書かれています。なんだか、この文章を読んだだけでも、呼吸が少し深くなってくるようです「月の時間」=自分の内側へと意識を向けること。「ありのままのわたし」で過ごすこと。それからリラ~ックス、すること。普段、社会とのつながりを離れて、どのくらい「月の時間」をとれていますか?お風呂の時間?寝る前?子供が寝てから?ひとりになれる時間でも、SNSをひらいたり、ネットサーフィンをしたり、外側に意識が向いてしまっていませんか。私も無意識にスマホに手が伸び、インスタグラムをなんとなしに眺めてしまうことがしょっちゅうあります。。(好きな時間なんですけどね!)ほどほどにしなきゃなと思いつつやめられなくて、もんもんとすることも度々です。外側に意識が向きすぎてしまっている私、「太陽の時間」をがんばりすぎてしまう私…。やっぱりちょっと疲れませんか。もし今、自分を変えたい、生活を変えたい、というタイミングでしたら、どこかでスイッチを押して、素の自分に戻る時間を少しでも日々の中に確保できると、なにかが、おのずと良いほうへと動きだすかもしれません。本書では、そんなスイッチとなるような、からだやこころを浄化する時間や方法をハーブやアロマ、フラワーエッセンスなどの自然や植物を取り入れたセルフケアなどを通して伝え、私たちの前向きな一歩を後押ししてくれます。本書の中で綴られる言葉には、月と暮らす会のみなさんご自身の体験や実感もこもっていて、共感をしたり、優しく寄り添ってもらえているような気持ちになったり。また、砂原文さんによる写真も眺めているだけで心がクリアになっていくようです。風の時代が本格的に始まると言われているまさに今、みなさんの心の中でもなにか変化の兆しが渦まいているのでは。自分の内側の声に耳を傾けてみて。私は何が好きなのかな、どう感じているのかな。少しずつ、「月の時間」を意識して暮らしてみませんか。気づいたら、前より気持ちがゆるんできた、ワクワクすることが増えてきた、なんて自分を想像しながら。そしてぜひ、『月と暮らす10の方法』をお守りのようにそばに置いていただけたら嬉しいです。*【west mountain booksプロフィール】「私やあなたが本来の自分に戻るための知恵やヒント、きっかけ」となるような、からだやこころ、自然にまつわる本をセレクトしています。2020年まで7年間下北沢・本屋B&Bの書店スタッフとして勤務し、くらし・からだ・旅・食・日本文化にまつわる棚やイベント企画を担当。並行して2020年より個人の屋号としてwest mountain booksをスタートし、現在は店舗をもたずオンラインショップ、イベント出店をメインに活動しています。情報はインスタグラムをメインに発信中。 Instagram @westmountainbooksオンラインショップ https://westmountainbooks.stores.jp/※今回ご紹介した『月と暮らす10の方法』は砂原文さんの写真ポストカード付で、現在オンラインショップでも販売中です。 Photo by kensuke iwai

13歳の私に戻って、記憶の欠片を拾ってみる新月

はじめまして。west mountain booksの岩井友美と申します。 今年から『New Moon Detox』のコールドプレスジュースと共に、月のリズムを意識したり、ご自身の内面や自然とのつながりを思い出すようなお手伝いができればと思い、月替りで本を一冊ご紹介させていただくことになりました。本来の自分と出会うヒントやきっかけとなるような本を、からだやこころ、自然にまつわるジャンルから中心にセレクトしていきたいと思っています。 毎月新月にコールドプレスジュースで美味しく楽しく体をリセットしながら、普段は置いてけぼりにしがちな私の「心の声」に気づいてあげられるタイミングにもなれば幸いです。100%以上の毎日を送る日々に、句読点を。本や言葉の力で、ほっとひと息の時間ができますように。今月ご紹介する本は、詩人・三角みづ紀さんによる詩集『どこにでもあるケーキ』(ナナロク社刊・1,870円税込)です。本書は、三角さんご自身の13歳の頃の記憶を描く33篇の書き下ろし詩集。5分あれば1篇読めますので、読書をする習慣がない方でも、詩集が初めてな方でも、ちょっとした隙間時間に空白を作って、ぜひ読んでみていただきたい一冊です。カバンに入れやすい小さめなサイズで、塩川いづみさんによる挿絵と鈴木千佳子さんによるピンクで施された装丁がとても可愛く、持っているだけで気持ちがあがるのも嬉しいポイント。私たちが社会人になる前、酸いも甘いも経験する前、そして大人になる前…、13歳といえば、中学校にあがって身体も心も、周囲の人との関係性も少しずつ複雑に成長を重ねる頃ではなかったでしょうか。わたしの背中には羽があるなのに使い方がわからない教室で規則正しく まっすぐ座っている皆の背中にも きっと羽があっておなじく使い方がわからないのだ —「屋上の動物園」(69P)より引用たゆみなく生きる練習をしているやすみなく成熟する稽古をしているわたしたちは しだいに演じることに慣れていく —「湖の生活」(40P)より引用—教室、制服のスカート、音楽室のピアノ、塩素の匂いのするプール…、学校生活を思い出す固有名詞の数々と三角さんの記憶から紡ぎ出される言葉から、自分自身が体験した13歳の頃の記憶や感情が自然と浮かび上がってきます。懐かしさか、苦々しさか、切なさか…、それらの感情は読む人それぞれにしか味わうことができない唯一無二のもの。この詩集は、読みながら私たち自身がまだ磨かれていく前の、原石の頃の自分と出会い直しができるような読書体験が味わえるのです。ちなみに私は、仄暗い湖に佇むようなちょっと暗い気持ちになりました(笑)。ちょうど自分の繊細さを扱いきれなくてもがいていた時期と重なったからかもしれません。でも、大人になった今ではその感情をちゃんと受け止めることができる。そんな素のわたしを思い出す脳内ショートトリップ。新月の夜に、コールドプレスジュースをゆっくり飲みながら、じっくりと記憶や感情をひらいてみませんか。【west mountain booksプロフィール】「私やあなたが本来の自分に戻るための知恵やヒント、きっかけ」となるような、からだやこころ、自然にまつわる本をセレクトしています。2020年まで7年間下北沢・本屋B&Bの書店スタッフとして勤務し、くらし・からだ・旅・食・日本文化にまつわる棚やイベント企画を担当。並行して2020年より個人の屋号としてwest mountain booksをスタートし、現在は店舗をもたずオンラインショップ、イベント出店をメインに活動しています。情報はインスタグラムをメインに発信中。 Instagram @westmountainbooksオンラインショップ https://westmountainbooks.stores.jp/ ※今回ご紹介した『どこにでもあるケーキ』はオンラインショップでも販売中です。 photo by @kensuke.iwai

Why Juice? オンラインショップリニューアル!

本日よりWhy Juice?オンラインショップがリニューアルいたしました! 2020年、人々の生活様式や健康意識が大きく変化する1年となりました。東京・代官山に店舗を構える「Why Juice?」では、2014年のオープン以来、現代人に不足しがちな野菜と果物の栄養を、簡単に、効率よく摂取できるコールドプレスジュースと、そのジュースで行うデトックスジュースプログラムを販売してきました。また、2020年4月にはWhy Juice?が提案する「野菜と果物の美味しい生活」をテーマにした「Why_?下北沢」をオープンし、みなさまの食卓を彩る安心・安全な食品や雑貨のお取り扱いを始めています。お店にお越しいただけない方や遠方の方へ、少しでも私たちの考える健康やライフスタイルをお届けできればと新しいオンラインストアを始めることにいたしました。今までのサイトより使いづらいなどのご意見もあるかと思いますが、商品やサービスの充実のため、何かご意見などございましたらいつでもお気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。どうか皆様が今日も元気な1日を過ごせますように。